無理なく
脂肪燃焼体質

実は身体には“眠って”いる
「脂肪燃焼回路」がある

あまり知られていない?!
糖質制限で脂肪減少するもうひとつの理由

「糖質の摂取を減らすだけで痩せる」という手軽さと、「結果の出やすさ」から、糖質制限ダイエットの人気が続いています。糖質の摂取を減らすことで、血糖値の上昇及びインスリンの分泌を抑え、身体に脂肪が蓄積しにくくなるというものです。

糖質で太るメカニズムイメージ糖質で太るメカニズムイメージ

この糖質制限ダイエットには、実は痩せるメカニズムがもう1つあります。それは、糖質をたくさん摂っている時には休止している「脂肪燃焼回路」が稼働するようになるというものです。

私たちの身体は通常、糖質をエネルギー源とする「糖燃焼回路」をメインに使っていますが、糖質がなくなると、脂肪をエネルギー源とする「脂肪燃焼回路」が動くという仕組みが備わっています。この仕組みを利用して痩せようというのが糖質制限です。糖質を意識的に枯渇させて脂肪燃焼回路が動き始めると、体内の蓄積脂肪が燃焼しやすい身体に変わって「脂肪燃焼体質」になるため、体脂肪の減少につながります。

エネルギーが燃えるメカニズムイメージエネルギーが燃えるメカニズムイメージ

厳しい糖質制限には注意が必要

手軽にできて痩せやすいといわれる糖質制限ダイエットですが、長続きせずに短期間で止めてしまう人も少なくないようです。通常、1日の糖質摂取量は男性で約300g、女性で約250gといわれていますが、厳しい糖質制限では1日の糖質摂取量を60g程度に抑えることもあります。

また糖質制限には、リスクもあります。その1つがリバウンドです。糖質制限ダイエットを止めると、むしろ以前より太ってしまったという人が少なくありません。さらに、糖質を60g程度にまで減らすことで、腸内環境が悪化したり、肌の乾燥や荒れ、疲れやすくなるなどの不調が出る人もいます。ひどい場合には、脱水状態になって、心筋梗塞、脳梗塞といった病気のリスクにつながるともいわれています。

エネルギー摂取量を、男性は2,400kcal/日、女性は2,000kcal/日を目安に算出

糖質制限と普段の食事における糖質量の比較イメージ糖質制限と普段の食事における糖質量の比較イメージ

糖質量のみの比較です。