MCTプラス・
コンソーシアムとは

MCTの健康価値や
日常生活での取り入れ方を
情報発信

MCT(中鎖脂肪酸)とは、母乳やココナッツなどのヤシ科植物の種実に含まれる成分です。一般的な油よりも素早くエネルギーになりやすいという特長から、これまで50年以上に渡り、医療現場やスポーツ分野における栄養補給、生活習慣病予防など、様々なシーンで活用されてきました。

近年、MCTの研究領域が広がっており、新しい効果が明らかになってきています。

MCTプラス・コンソーシアムでは、専門家の知見や最新研究などを交えながら、MCTの健康価値を広く発信していきます。

MCTプラス・コンソーシアムのロゴ

設立年月日 2021年4月2日

専門家メンバー(協力・監修)

中村康宏先生写真

中村 康宏 先生

虎ノ門中村クリニック/内科医/日本抗加齢医学会専門医

内科医・消化器内科医として研鑽を積んだ後、米国医師免許試験を突破しアメリカに留学。帰国後、日本初「アメリカ抗加齢医学会」認定施設の虎の門クリニックを開業。現在虎ノ門中村クリニックで診療中。

MCTは身体の組成を上手に利用し、
健康な身体作りを可能にする素材

MCTの大きな特長は、一般的な油と比べて消化吸収が早いという点です。そのため体内で素早く脂肪をケトン体に変え、エネルギーを多く生み出す「脂肪燃焼回路」を効果的に稼働させることができます。このようにしてMCTは、身体の組成を上手に利用し、健康的な体質作りに貢献することができます。

ただし、MCTはココナッツの種実などに含まれる成分のため、普段の食事では摂りにくいといえます。オイルやパウダーなどがあるので、自分に合った形で日々の食事の中にとりいれるとよいでしょう。さらにMCTは近年、認知症や高齢者の低栄養対策、運動能力の向上など、様々な健康効果が研究で明らかになっており、これからの健康な身体作りに大いに期待できる素材といえます。

岡田隆先生写真

岡田 隆 先生

日本体育大学体育学部准教授/骨格筋評論家/
柔道全日本男子チーム体力強化部門長

専門は、トレーニング科学、アスレティックリハビリテーション。
特に体幹の研究、筋肉と体脂肪の研究(筋肥大・除脂肪・減量)を行っている。

燃焼回路スイッチを押すMCTで
エネルギー量を上げ、健やかな身体作りを

アスリートに限らず身体作りのベースは、食事や睡眠など規則正しい生活にあります。食事ではPFCバランスの取れた内容にする質の見直しが大切です。さらに脂質の質まで考慮できると一歩先に進めます。脂質の中でもMCT(中鎖脂肪酸)は、身体のエネルギー源であるケトン体を速やかに作ることができます。これは他の油脂とは代謝経路が異なり、肝臓に門脈を通して直接入って分解されるためです。

MCT摂取により、通常のエネルギー源である糖に加え、ケトン体も使えるようになれば、体内で脂質由来のエネルギー消費量が増え、いわゆる脂肪燃焼回路のスイッチが入り、蓄積された体脂肪を燃焼できる身体になるだけでなく、疲労回復や運動のパフォーマンスアップにもつながると考えられます。

PFC・・Pはたんぱく質13-20%、Fは脂質20-30%、Cは炭水化物(糖質)50-65%を意味する

沖知子先生写真

沖 知子 先生

プロフェッショナルヨガ講師

2014年にヨガインストラクターの資格取得後、国内外問わずさまざまな場所で実績を積む。2016年にはMiss WORLD JAPANファイナリストに選抜され、初代「ミス・ヨガ」を受賞。全日本ヨガ連盟インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定合格。 “おいしい呼吸”で「心の健康」をサポートする株式会社ブレストラン 代表取締役、特定非営利活動法人プロボノ 監事 。

これからは
「セルフコンディショニング」の
時代。
MCTを上手に利用しましょう

健康な身体作りには、自ら自分の身体を良い状態に整える「セルフコンディショニング」の考え方が大切と考えています。

「身体作り」といわれると、極端な食事制限や筋トレなどハードな運動をイメージする方も多いかと思いますが、日々の食事の中での工夫や、軽いストレッチ・運動で十分です。何より重要なのは、毎日のちょっとした心がけをコツコツと継続していくことです。

その一環として、私は普段の食事の中で、ココナッツオイルやMCTを愛用しています。例えばサラダに加えたり、お味噌汁にかけるなどしています。MCTは無味無臭のため、無理なく普段の食事にとり入れ続けられる点がうれしいですね。

日々自分の身体と向き合い、無理なく少しずつメンテンナンスをしていくことで、いつまでも健康な身体をキープしましょう。

それは、「心の健康」にも影響を与え、笑顔あふれる充実した毎日につながります。